従来製法のナヤシ・クロメを発展させた当社独自の精製技術

 

高分散漆『光琳』


当社は、従来製法漆に比べ、漆の粒子をより細かく分散させる独自の技術を確立し、高分散漆「光琳」を開発しました。この製法は、3本ロールミル製法(MR)と呼ばれる高分散技術とは異なり、ナヤシとクロメの工程をしっかりと行う従来製法をベースに、さらに分散を高めるという独自の精製法。耐候性に優れるなどの理由から、日光東照宮や姫路城(菱の門、武者窓・花燈窓)をはじめとする、様々な国宝・重要文化財建造物や京都迎賓館調度品などにも採用されています(写真1参照)。



京都迎賓館桐の間(大広間)の座卓子1.2m×12m。光琳日本産黒呂色漆塗り(光工芸社・京都)


( 写真1 ) 京都迎賓館桐の間(大広間)の座卓子1.2m×12m。光琳日本産黒呂色漆塗り(光工芸社・京都)



 

特徴1 - 耐候性に優れる

 

漆の欠点としてまず挙げられるのが紫外線や雨風などによる劣化。いわゆる耐候性に難があるということでした。しかし、光琳漆は粒子を高分散化させることにより、塗膜を緻密かつ堅牢にすることで、従来製法漆よりも格段に初期劣化を遅らせることに成功。現在、国宝・重要文化財をはじめとする、様々な屋外建造物にも採用されています。(グラフ1・写真2・3参照)




( グラフ1 ) 京都市産業技術研究所試験結果





平成29年3月に修復が完成した日光東照宮・国宝「陽明門」にも日本産光琳漆が使用されています。


( 写真2 ) 平成29年3月に修復が完成した日光東照宮・国宝「陽明門」にも日本産光琳漆が使用されています。
(公・財)日光社寺文化財保存会




陽明門修復の様子(公財)日光社寺文化財保存会


( 写真3 ) 陽明門修復の様子(公財)日光社寺文化財保存会



 

特徴2 - 光沢に優れる

 

高分散技術で漆の粒子を細かくしている為、塗膜がより平滑になり、無油でも従来製法漆では実現不可能な艶を出すことが出来ます(図1参照)。従来製法の呂色漆は半艶程度ですが、光琳の呂色漆はより艶が高く、呂色磨きで艶が上がりやすいのも特徴。耐候性も良く、無油の塗立て仕上げでも艶が有り、経年変化での油浮きの心配もないことから、文化財などの屋外建造物にも数多く使われています。もちろん有油の塗立漆もご好評頂いています。また、光沢の保持率も良く、食洗器の劣化試験でも良い結果が出ています(写真4・5・6参照)。

逆に、粒子を細かくすることによって艶を上げているので、その理屈から艶消の光琳は出来ません。




( 図1 )




光琳漆食洗機テスト結果


( 写真4 ) 光琳漆食洗機テスト結果 → 著しい劣化は見受けられません




食洗器MR


( 写真5 ) 市販MR漆食洗機テスト結果 → 明らかに艶が引け、劣化しているのがわかります





( 写真6 ) 従来製法漆食洗機テスト結果 → 変色してしまいました



補足説明:光琳赤呂色漆塗り、MR赤呂色漆塗り、従来製法赤呂色漆塗りのお椀を毎回一緒に一日一回、同じ食洗機に1155回かけて、劣化具合をテストした結果です。



 

特徴3 - 芯乾きが良い


表面の指触乾燥だけでなく、芯乾きが良好なのも特徴の一つ。つまり、従来製法漆より次の工程に早く進めるのが大きなメリット。例えば呂色磨き。塗り上ってから呂色磨きにかかるまでの時間が格段に短縮でき、かつ艶上がりも良好なため好評をいただいています。逆に、時間が経過しすぎると硬くなりすぎて研ぎづらくなるほど、芯乾きが良く、塗膜の締まりきりが良い漆です。

 

特徴4 - 粘口〜汁口まで粘度調整が可能


3本ロールミル製法は、製法上の特徴から低粘度の漆になる傾向にありますが、光琳はナヤシとクロメを行うため、従来製法の様に粘度調整が可能。お客様のご要望によりお答えしやすくなります。



 

- こんな特徴もあります -

 

例えば  -1 

 

漆を扱う方ならご経験あると思いますが、「ナマズ」と呼ばれる研ぎ破り。光琳(黒漆の場合)で中塗り・上塗りをしてもらえると、呂色時に研ぎ破ってしまってもほとんどそれがわからないという、お客様の声を数多く頂いています。また、塗膜についた小傷をつくろいする場合、通常だとどうしても直したことがわかってしまいますが、光琳(黒漆の場合)でつくろうとわかりづらくなるといったご意見もお聞きしています。

 

例えば  -2

 

蒔絵で粉蒔きの際、固めをしても後から粉が剥がれてしまうというご経験はないでしょうか?光琳の呂色漆を使って頂きますと、しっかりと定着し剥がれにくくなるのもメリットの一つです。さらに、蒔絵する塗面が光琳だと、芯乾きが良く硬度も高いためか、線描きする際、筆滑りが良く描きやすいというお声も頂いています。

 

例えば  -3 

 

通常、呂色磨きの際に摺り漆として使用するのは上摺や伊勢早。粘度や乾きを調整できる光琳は、この摺り漆としてもご好評頂いています。光琳汁口早口上呂色(日本産入)を呂色時の初磨き、あるいは最終磨きの際に使って頂くと、より艶上がりも良く、特に黒の塗膜の場合、黒味が増し深みが出るとご評価頂いております。透漆や色物の場合は赤呂色で、黒漆の場合は黒呂色をご使用下さい。

 

ご注文にあたって

 

高分散漆『光琳』は商品カテゴリーの日本産漆中国産漆蒔絵用漆ガラス用漆の中からお選び頂けます。




堤淺吉漆店のうるしづくり

淺吉の想い

堤淺吉漆店について

ホーム






Calendar

2018年12月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2019年1月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
営業時間:8:50〜17:30 定休日:日・祝・第2・4土曜 *12月、1月は土曜休みが変わります
Top